裸族生活+

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災

この一週間、何度も記事を書いては消し書いては消しを繰り返していました。
書きたいことはあるのですが、うまくまとめることができません。
言葉が見つかりません。


私の育った街も今回大きな被害を受けました。
地震、津波に加えて、原発事故のために物流が滞り、食べ物や生活必需品がありません。
避難所で亡くなる方も出てきました。

足がある友人は県外に脱出していますが、現地に留まっている友人もいます。
仕事柄、食べ物が足りない中で身を削りながら働いている友人もいます。


被災地の多くがまだライフラインが復旧せず、みんな辛い思いをしていることでしょう。

また、ボランティアの方々や、救助などにあたっている自衛隊の方々を始めとした各機関の方々には頭が下がるばかりです。


まだ原発事故が収束したわけではありませんが・・・
復興に向けて私にできることは何でしょうか。

新潟の大地震のときはあまりに多くの物資が集まってしまい、被災した市町村がないお金を工面して保管場所を作ったということがあったようなので、みんなが物資を送っていてはその二の舞になってしまいます。
またボランティアは今は自粛するよう呼びかけられています。

それでは何ができるのでしょうか。

それは、今まで通りの生活をすることです。
普通に仕事をして、欲しいものを買い、食べたいものを食べることです。
経済活動が活発になればそれだけ国に税収が入り、復興に必要なお金が集まるからです。

多くの亡くなられた方、被災した方に申し訳ない気持ちもありますが・・・
経済が停滞してしまっては、再び立ち上がる力がなくなってしまいます。

自粛するべきものもありますが、出来る限り今まで通りの毎日を送ることが巡り巡って復興に繋がるはずです。


また、輪番停電に協力し、電気の節約に努めます。

これは直接的に被災地の復興の手助けにはなるものではありません。
というのも、現在危険な状態である福島原発は、被災地の電力を賄っているわけではないからです。

福島原発は東京電力の管轄であり、関東の電力の3分の1を作り出していました。
暖かくなってくると電力消費は少し落ち着くはずですが、輪番停電を行ってもぎりぎりの状態です。

万が一電力消費量が供給量を上回り関東で大規模停電が起きてしまった場合、経済や人的被害の大きさは計り知れません。
そうなってしまっては、ますます被災地の復興が遅れることでしょう。

そうならないように、出来る限り電気を使わないように努力します。


一刻も早く原発事故が収束し、被災者の方々が寒さに震えることが無く、飢えに苦しむことの無い日が来ることを願っています。


最後に、今回の震災で救助されたあるおじいさんの動画を貼っておきます。
すでに多くの方が見た動画ではありますが、その力強い言葉に何度見てもぐっときてしまいます。

一緒に救助されたわんこの頭をなでなでする自衛隊の方にもぐっときてしまいます。



大丈夫です!
また再建しましょう。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。